• COOPみやぎ生協提供先
  • 仙台駅から徒歩10分 藤崎から徒歩3分

0120-957-339

つながらない場合は022-714-6134まで

相続相談ご予約 受付時間:9:00~18:00(平日)

「え!節税効果があると言われて、 父親に保険に入ってもらったのに、効果なし!?」

お客様からのご相談内容

「え!節税効果があると言われて、 父親に保険に入ってもらったのに、効果なし!?」

仙台相続税サポートセンターのご提案

そうなんです。
生命保険の外交員の方から、「節税対策になるよ!」と言われて入った
保険でもちゃんと注意しないと、節税効果のないことがあります。

解説

この事例は、
「親の預貯金からお金を引き出して、生命保険を子名義でかけてもらえば預貯金は減るし、生命保険ももらえるので
一石二鳥と保険屋さんに言われて保険に加入した」というものです。
生命保険に対する課税は、保険契約者(保険料の負担者)が誰か、被保険者(保険の対象となっている人)が誰か、
保険金の受取人が誰かによって、受け取った生命保険金や保険契約に対する課税が異なります。
今回の問題は、親が子を契約者とした保険をかけている事です。
この仕組の保険を節税効果のあるものにするためには、次の条件をクリアする必要があります。
「親が子に金銭を贈与し、子がその金銭で保険料を支払う」
なぜなら、保険料の贈与は、そもそも認められていないからです。
金銭の贈与があったという証明が必要です。
親の預金口座から直接保険料が引き落とされていたり、親が引き出した現金で保険料が支払われたり、しているとき
は、金銭の贈与の証明が出来ません。
保険料の負担者は親であるため、親の相続の時、子が契約者となっている保険が相続財産であると判定されます。
相続税の対象となってしまいます。
生命保険契約の課税関係は、誰が保険料を負担したのかによって大きく変わります。
ですから、保険料を贈与するためには、「子に保険料相当額の金銭を贈与があったことの証明と、子がその金銭で保
険料を支払ったことの証明。が必要です。
<ポイント>
①贈与する金銭は、子供の普段使いの預金口座に入金する
②子供の預金口座から自動引き落とし等で保険料を支払う
当サポートセンターでは、生前のコンサルティングを有料で承っております。
財産に関することだけでなく、家族構成、これまでの背景、ご家族皆様のお気持ちなどを聴かせて頂いた上で
お悩みを解決する為に有効と思われる生前対策を検討し、
各プランの効果、リスク、工程、費用、税問題、かかる時間を説明致しております。
是非ご検討ください。

相続税申告の無料相談受付中!

0120-957-339

022-714-6134

相続が発生されている方
相続が発生されていない方生前対策をご検討の方
お客様の声
2019年8月30日 専門家の方のお力を借りた方が心理的な負担が軽くなります
2019年9月30日 今後の老後人生をしんけんに考えるきっかけとなりました
今後の老後人生をしんけんに考えるきっかけとなりました
2019年8月30日 専門家の方のお力を借りた方が心理的な負担が軽くなります
専門家の方のお力を借りた方が心理的な負担が軽くなります!
2019年7月5日 対応が早く安心しました
対応が早く安心しました。
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP