仙台・宮城で相続税の専門家による無料相談 運営:日本みらい税理士法人 仙台行政書士法人

相続税申告
専門サイト

  • COOPみやぎ生協提供先
  • 仙台駅から徒歩10分 藤崎から徒歩3分

0120-957-339

つながらない場合は022-714-6134まで

相続相談ご予約 受付時間:9:00~18:00(平日)

【シルバーネット8月号掲載】収益物件の相続について

                               (シルバーネット8月号掲載)

相談者:父が亡くなり、父が所有していた賃貸アパート1棟を相続しました。相続人は、私と弟と妹の3人です。1棟しかないため、どのように分割すればよいのか困っています。

佐藤:賃貸アパートなどの収益物件を複数の相続人で相続した場合、分割方法としては3つあります。

相談者:具体的におしえてもらえますか?

佐藤:①相続人全員で共有する方法 ②アパートを売却して現金化し、相続人で分ける方法 ③1人の相続人が取得し、代償金として他の相続人に現金を渡す方法です。

相談者:どの方法が良いのでしょうか?

佐藤:共有にする方法は、次の世代に相続する際に、所有者が増えて関係が複雑になってしまうので、おすすめしません。次に、アパートを売却して相続人で現金を分ける方法ですが、せっかく節税対策としてお父様が不動産を購入したのに、手放してしまうことは、税理士として残念な気持ちになりますね。

相談者:では、兄弟のうち誰か1人が取得して、代償金として他の兄弟にお金を渡すのがよいということですか?

佐藤:そうですね。代償分割と呼ばれる方法です。

相談者:でも、例えば私がアパートを相続したとして、兄弟のためにお金を用意しなければいけないのは、負担が大きすぎて無理なのですが・・・。

佐藤:1回で他の相続人に代償金を渡すことができない場合は、分割払いにする方法があります。そうすれば、家賃を得ながら無理なく払うことができます。最終的に物件を残すことができるのも、大きなメリットですね。遺産分割の方法は難しいので、プロである税理士に任せれば、適切なアドバイスを受けることができます。まずはお気軽にご相談ください。

この記事を担当した税理士

仙台行政書士法人 日本みらい税理士法人

所長

佐藤 智春

保有資格

税理士 行政書士

専門分野

相続税 贈与税 譲渡所得 事業承継 黒字解散

経歴

2007年税理士登録 資産税を中心とした税理士として活動開始。
2009年から仙台相続サポートセンターを開設。現在は、年間81件の相続税申告を担当する。書面添付制度を活用した申告を得意としており、税務調査率は0%に近い。生前対策は、贈与や遺言を主軸とした一般家庭・公務員家庭・中小零細企業の経営者向けの対策を得意とする。
セミナーや個別相談会は、分かりやすいと定評を頂き、葬儀、金融、不動産に関わる各方面からの共催依頼があり、年間20件~30件を実施している。


サポート料金
相続税申告の無料相談受付中!

0120-957-339

022-714-6134

相続が発生されている方
相続が発生されていない方生前対策をご検討の方
お客様の声
2021年9月8日贈与税を払わなければならないかどうか、どこに聞いたらよいかわからなかった
2021年8月18日自分自身の今後の生き方など、数多くの助言を頂き参考になりました
こちらからの質問に、一般論や法的解釈など、解りやすく解説して頂き助かりました。また、自分自身の今後の生き方など、数多くの助言を頂き、たいへん参考になりました。
2021年8月5日専門家の仕事は無駄がなく、緻密であり、安心して委ねるべき
2021年7月23日遠方からの依頼でしたが、リモートで対応していただけたので良かった
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP